忍者ブログ

家庭教師のファミリー|体験談や評判・口コミなど

家庭教師のファミリーに子供を塾に通わせるか、家庭教師を頼むかなど・・・。体験談や評判・口コミを集めながらアドバイスをしていきます!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

目覚め方によって

こんにちは。娘が家庭教師のファミリーにお世話になっています。
今回は娘が朝目覚めが悪く、授業の一限目は、ほぼボーッとしているというので何か改善策はないか家庭教師のファミリーの先生に聞いてみました。
家庭教師ファミリーの先生が教えてくれたのでご紹介しようと思います。周りの友達からは家庭教師のファミリーって評判いいみたいだねと言われていました。
頭の良くなる目覚めかた!脳を鍛える5つの快適起床術がネットで紹介されていたので参考にと家庭教師のファミリーの先生が資料をくれました。
朝が弱いひとは、なんだか頼りないひとが多い、、、なんてイメージありませんか?実は頭の良さと目覚めは、案外深い関係にあるそうです。
頭が良くなる目覚め方5:3の倍数だけ眠るという話の続きからです。

「起きた時に脳が起きているか?」を基準に睡眠時間を考えると、やはり6時間が妥当な睡眠時間だと言えます。睡眠時間として十分であり、なおかつ脳が起きている状態で起床できるため、他人に差を付けるための朝活をするに相応しい眠り方なんですね。上記で紹介した5つの方法は、「ぐっすり眠る」を目的としたものではありません。あくまでも「朝の目覚めを快適にして、朝に活動できる体を作る」を目的としているのです。ぐっすり眠るというのは、朝の快適な目覚めを確保するための道具に過ぎません。

皆さんも、ぜひ朝の目覚めを快適なものにして、「朝に活動をする」を心がけましょう。その積み重ねが他人との差をつけたり、あるいは自分自身のキャリアアップへとつながっていきますようにとアドバイスを頂きました。
PR

目覚め方によって

こんにちは。娘が家庭教師のファミリーにお世話になっています。
今回は娘が朝目覚めが悪く、授業の一限目は、ほぼボーッとしているというので何か改善策はないか家庭教師のファミリーの先生に聞いてみました。
家庭教師ファミリーの先生が教えてくれたのでご紹介しようと思います。周りの友達からは家庭教師のファミリーって評判いいみたいだねと言われていました。
頭の良くなる目覚めかた!脳を鍛える5つの快適起床術がネットで紹介されていたので参考にと家庭教師のファミリーの先生が資料をくれました。
朝が弱いひとは、なんだか頼りないひとが多い、、、なんてイメージありませんか?実は頭の良さと目覚めは、案外深い関係にあるそうです。
頭が良くなる目覚め方5:3の倍数だけ眠る
人間が睡眠に入ると、まずレム睡眠が訪れます。いわゆる朝居眠りであり、この時は体の休息となります。つまり脳は覚醒に近い状態となっており、その90分後にノンレム睡眠、いわゆる「脳の休息時間」がやってくるのです。
このように、「90分のレム睡眠→90分のノンレム睡眠」のように、合わせて3時間周期で睡眠が浅くなり、そして深くなるのです。
朝、目覚めを良くするためには、当然ですが「脳が起きている状態のときに起きる」がベストです。つまりレム睡眠(朝居眠り)のときを狙って起床するべきなんですね。
すると、体に多少のダルさはあるかもしれませんが、脳はすでに起きているために活動しやすい状態になっているのです。
当然、脳が起きているので勉強の効率も良く、まさに朝活をするに相応しい状態と言えるでしょう。
だからこそ「3の倍数だけ眠る」なのです。一般成人であれば6時間が妥当です。寝付くまでに30分かかったとしても、6時間半を睡眠時間として見積もっておけば良いと思います。子供であればもっと多くの睡眠時間を取るべきですが、私たちは大人なので6時課の睡眠でも問題ありません(疲れが溜まっていれば別ですが…)。

目覚め方によって

こんにちは。娘が家庭教師のファミリーにお世話になっています。
今回は娘が朝目覚めが悪く、授業の一限目は、ほぼボーッとしているというので何か改善策はないか家庭教師のファミリーの先生に聞いてみました。
家庭教師ファミリーの先生が教えてくれたのでご紹介しようと思います。周りの友達からは家庭教師のファミリーって評判いいみたいだねと言われていました。
頭の良くなる目覚めかた!脳を鍛える5つの快適起床術がネットで紹介されていたので参考にと家庭教師のファミリーの先生が資料をくれました。
朝が弱いひとは、なんだか頼りないひとが多い、、、なんてイメージありませんか?実は頭の良さと目覚めは、案外深い関係にあるそうです。

スッキリ快適な朝の気分を演出するには、これも効果的

そこで、睡眠時間を7時間と仮定して、起きる時間から逆算して就寝時間を決めておきましょう。そして、その時間に眠れるような工夫をしておくのです。自然な眠りに入れる方法は多々ありますが、「筋トレで疲れを体に与える」や「ホットワインを1~2杯だけ飲む」などの方法があります。

仮に6時半に起床するなら、そこから逆算して「11時半」が就寝時間となります。したがって、遅くとも11時までには入浴を済ませ、残りの30分で「眠れる工夫」をしておきましょう。

そうして十分な睡眠時間を確保できたなら、朝の目覚めもバッチリになります。十分な休息を体と脳に与えたので、朝一番から脳を鍛えるに相応しい状態になっているのです。

なおこの方法、最初は少し難しいかもしれません。特にこれまでの生活リズムが乱れがちの方にとっては、「いきなり規則正しくはチョット…」となるでしょう。しかし1週間もすればそのリズムに慣れてきますので、そうなれば自然な眠りと快適な目覚めの両方をゲットすることが出来るようになりますよ。

朝の目覚めをよく

こんにちは。娘が家庭教師のファミリーにお世話になっています。
今回は娘が朝目覚めが悪く、授業の一限目は、ほぼボーッとしているというので何か改善策はないか家庭教師のファミリーの先生に聞いてみました。
家庭教師ファミリーの先生が教えてくれたのでご紹介しようと思います。周りの友達からは家庭教師のファミリーって評判いいみたいだねと言われていました。
頭の良くなる目覚めかた!脳を鍛える5つの快適起床術がネットで紹介されていたので参考にと家庭教師のファミリーの先生が資料をくれました。
朝が弱いひとは、なんだか頼りないひとが多い、、、なんてイメージありませんか?実は頭の良さと目覚めは、案外深い関係にあるそうです。

スッキリ快適な朝の気分を演出するには、これも効果的

朝を感じる小鳥のさえずりの音
小鳥のさえずりなど、朝を感じる音を聞くことで、無意識に私たちの脳が活性化して、ぼんやりした意識がシャキッとします

朝を感じる小鳥のさえずりはこちらからダウンロードできますので、良かったら使ってください。
頭が良くなる目覚め方4:起床時間から逆算して就寝する

朝の脳の働きを活発にするには、ごく基本的なことですが「タップリ寝る」が重要です。「寝すぎ」は逆効果ですが、大人なら7時間程度の睡眠をとっておけば自然と朝の目覚めもスッキリするでしょう。

当然、体も脳も十分に休んだため、朝から何か活動をするに「準備OK!」の状態なのです。

そのためには「早く寝る」という事が大切なのですが、何も考えずに早く寝るのは止めた方が良いでしょう。自然に眠りに入れるなら問題ありませんが、たいていの方は「こんな早い時間に寝られない…」となるのです

朝の目覚めをよく

こんにちは。娘が家庭教師のファミリーにお世話になっています。
今回は娘が朝目覚めが悪く、授業の一限目は、ほぼボーッとしているというので何か改善策はないか家庭教師のファミリーの先生に聞いてみました。
家庭教師ファミリーの先生が教えてくれたのでご紹介しようと思います。周りの友達からは家庭教師のファミリーって評判いいみたいだねと言われていました。
頭の良くなる目覚めかた!脳を鍛える5つの快適起床術がネットで紹介されていたので参考にと家庭教師のファミリーの先生が資料をくれました。
朝が弱いひとは、なんだか頼りないひとが多い、、、なんてイメージありませんか?実は頭の良さと目覚めは、案外深い関係にあるそうです。c

頭が良くなる目覚め方3:朝の活字は脳のスタートライン

朝、新聞を読まれる方が少なくなっていますが、私は好んで朝に新聞を読みます。しかも、起きて間もない時に新聞を広げるんですね。

私の場合、朝に目が覚めるとまず水を飲みます。水分を接種してトイレに行く。そして顔を洗い、髭を剃り、ストレッチをしてコーヒーが入るまでの間にPCでニュースをチェックする。ここまでだいたい15分です。

朝一番の活字は、非常に脳に良いとされています。朝に「ボーッ…」としてしまうのは、脳が活動していない証拠です。脳がまだ眠たい状態だからこそ、「二度寝したい…」という衝動に駆られるのです。

したがって、「脳に起きるきっかけを与える」という方法が有効であり、ですから新聞やパソコンでニュースを読んだり活字を視覚に入れましょう。つまり、活字は脳に一日の始まりを告げる「号令」のような存在であると考えておきましょう。

こうすることで脳が「朝ですか…、じゃあ活動しますか!」となり、そこにコーヒーの香りと苦みがプラスし、ますます体と脳が元気になっていくのを感じるでしょう(二日酔いの時は別ですが…)。

もちろん新聞ではなく、テレビやラジオ、またお好きな音楽をかけても良いですよ。特に朝の雰囲気に合うような音楽の存在はありがたいですね。私の友人の1人は朝にクラシックを聴くのが好きだと言います。何となく「朝!」という感じがして、「気持ちの良い朝になりそうだ!」と思うそうです。そこに新聞やコーヒーをプラスしておけば、体調の良い日などは「早く行動を開始したい!」と感じますよね。

朝の活字や音楽、テレビやラジオは、脳に刺激を与え、それが一日の始まりを告げる号令となるのです。起きてから「ボーッ…」としてしまう方には、ぜひオススメしたい方法と言えるでしょう。

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R