忍者ブログ

家庭教師のファミリー|体験談や評判・口コミなど

家庭教師のファミリーに子供を塾に通わせるか、家庭教師を頼むかなど・・・。体験談や評判・口コミを集めながらアドバイスをしていきます!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

読書スピードが高まれば、理解力がアップする!

こんにちは。娘が家庭教師のファミリーにお世話になっています。
今回は読書スピードを上げる事が受験を乗り越えるポイントと家庭教師のファミリーの先生から貴重なアドバイスを頂けたので続きを書いて行きます。

※読書スピードが高まれば、理解力がアップする!

読書スピードが上がると、理解力が下がるのでは?という不安を持っているかたがいますが、それは間違いです。たしかに速読術を習得していない人が、無理をして速く読もうとすると、どうしても「斜め読み」や「飛ばし読み」をしがちです。その場合は、たしかに理解力が低下するでしょう。

しかし正しく速読法をマスターした人が、速く読書しても、理解力が低下するどころか、かえって理解力が高まります。同時に記憶力もアップすることになります。

人は本を読むとき、とりあえず前頭葉のワーキングメモリに情報を置きながら読んでいきます。その過程で、印象的なことや何度も出てくる話は、海馬に送られていきます。ワーキングメモリは、無味乾燥な事項の場合、7文字程度しか記憶できないほど要領が少ない機能です。そのため、どんどん読み進めていくと、前に書いてあったことが脳内で「あいまい」になり、忘れていってしまいます。

すると、前に書いてあったことと、新しく展開されていることの「つながり」が理解しづらくなります。
これは、ゆっくり読んでいるからです。あまりに読書スピードが遅いと、1冊の本を1日で読み終えることがむずかしくなるので、複数日にわたって読むことになり、よりいっそう忘れやすくなります。

ところが本を速く読める人は、1日で1冊を読み切れるので、忘れないうちに全体の各項目を相互につなげて考えることができ、理解力のアップにつながるのです。読むのが遅い人は、全体のうち一部分しか見えていないのに対して、読むのが速い人は、全体を俯瞰して眺められるというわけです。どちらが理解力に貢献するかは明瞭ですね。

理解力が高まれば、単なる丸暗記よりは記憶に残りやすくなります。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R