忍者ブログ

家庭教師のファミリー|体験談や評判・口コミなど

家庭教師のファミリーに子供を塾に通わせるか、家庭教師を頼むかなど・・・。体験談や評判・口コミを集めながらアドバイスをしていきます!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

親がしてあげらえる事

こんにちは。娘が家庭教師のファミリーにお世話になっています。
娘は家庭教師のファミリーの先生と共に受験という試練に立ち向かっています。子供が東大を目指すきっかけも家庭教師のファミリーの先生にお願いしているからだと思います。「勉強しろ」は禁句だと家庭教師ファミリーの先生言われました。そして東大に合格した子どもの親に共通することを教えてもらいました。
親が勉強の手助け以外で、できることや協力すべきことって何でしょうか?
子どもを東大へ合格させた親がしていたこと
(1)とにかく子どもの話をよく聴く
中高生になると母親としゃべらない子も出てきますが、東大合格者のお母様は、自らコミュニケーションをとり、子どもとの会話を大切にされている方が多かったように見受けられます。
3兄弟を東大に導いた『勉強しろと絶対言わない子育て』の著者である〇●さんも、食事の時間は濃密に会話をする“集中コミュニケーション”を欠かさなかったとおっしゃっています。
その際、子どもの話をよく聴き、反論や説教は一切しなかったとか。毎日の会話から子どもの様子が把握でき、ちょっとした変化にも察知できるので、サポートがしやすくなるようです。
ご飯どきに限らず、塾の送迎時や勉強中の差し入れ時なども、親子のおしゃべりタイムにいいかもしれませんね。

(2)母親も好きなことをして羽を伸ばす
東大へ行った生徒から聞いた話では、親がつきっきりで勉強を見てくれたり、子どもに合わせた生活形態を送っていらっしゃったお母様というのはあまりいないそうです。
むしろ、お母様自身も仕事や趣味に没頭していることが多かったとか。
『東大脳は12歳までに育てる!』の著者である〇●さんも、『中学高校生の子どもに対して無理にペースに合わせず、親は自分の好きなことをしましょう』とおっしゃっています。
親がつきっきりだと子どもにプレッシャーを与えかねないし、そもそも親が受験を代わってやることはできません。親が一生懸命な姿を見せて子どもに、「自分も頑張ろう」と思わせる自立心を育てるのがいいそうです。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R