忍者ブログ

家庭教師のファミリー|体験談や評判・口コミなど

家庭教師のファミリーに子供を塾に通わせるか、家庭教師を頼むかなど・・・。体験談や評判・口コミを集めながらアドバイスをしていきます!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

目覚め方によって

こんにちは。娘が家庭教師のファミリーにお世話になっています。
今回は娘が朝目覚めが悪く、授業の一限目は、ほぼボーッとしているというので何か改善策はないか家庭教師のファミリーの先生に聞いてみました。
家庭教師ファミリーの先生が教えてくれたのでご紹介しようと思います。周りの友達からは家庭教師のファミリーって評判いいみたいだねと言われていました。
頭の良くなる目覚めかた!脳を鍛える5つの快適起床術がネットで紹介されていたので参考にと家庭教師のファミリーの先生が資料をくれました。
朝が弱いひとは、なんだか頼りないひとが多い、、、なんてイメージありませんか?実は頭の良さと目覚めは、案外深い関係にあるそうです。
頭が良くなる目覚め方5:3の倍数だけ眠る
人間が睡眠に入ると、まずレム睡眠が訪れます。いわゆる朝居眠りであり、この時は体の休息となります。つまり脳は覚醒に近い状態となっており、その90分後にノンレム睡眠、いわゆる「脳の休息時間」がやってくるのです。
このように、「90分のレム睡眠→90分のノンレム睡眠」のように、合わせて3時間周期で睡眠が浅くなり、そして深くなるのです。
朝、目覚めを良くするためには、当然ですが「脳が起きている状態のときに起きる」がベストです。つまりレム睡眠(朝居眠り)のときを狙って起床するべきなんですね。
すると、体に多少のダルさはあるかもしれませんが、脳はすでに起きているために活動しやすい状態になっているのです。
当然、脳が起きているので勉強の効率も良く、まさに朝活をするに相応しい状態と言えるでしょう。
だからこそ「3の倍数だけ眠る」なのです。一般成人であれば6時間が妥当です。寝付くまでに30分かかったとしても、6時間半を睡眠時間として見積もっておけば良いと思います。子供であればもっと多くの睡眠時間を取るべきですが、私たちは大人なので6時課の睡眠でも問題ありません(疲れが溜まっていれば別ですが…)。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R