忍者ブログ

家庭教師のファミリー|体験談や評判・口コミなど

家庭教師のファミリーに子供を塾に通わせるか、家庭教師を頼むかなど・・・。体験談や評判・口コミを集めながらアドバイスをしていきます!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

子どもを東大生にするための心得4つ

こんにちは。娘が家庭教師のファミリーにお世話になっています。
娘は家庭教師のファミリーの先生と共に受験という試練に立ち向かっています。子供が東大を目指すきっかけも家庭教師のファミリーの先生にお願いしているからだと思います。「勉強しろ」は禁句だと家庭教師ファミリーの先生言われました。そして東大に合格した子どもの親に共通することを教えてもらいました。
親が勉強の手助け以外で、できることや協力すべきことって何でしょうか?
子どもを東大へ合格させた親がしていたこと続きからです。
東大生の親は幼少期の子どもにどう接していた?

・勉強はリビングで行わせる
子どもがリビングで勉強をする『リビング学習』が注目されていますが、東大生の半数近くがリビング学習をしていたということも話題となっています。
リビングは子供部屋に比べて雑音が多く、気が散って集中できないと思われがちですが、あえてそういった場所で勉強することにより、集中力が養われるそうです。

子どもを東大生にするための心得4つ
(1)子どもの好奇心を育てる
子どもが小さいうちからさまざまなことに興味を持つよう、美術館や博物館などいろいろな場所へ出かけたり、本や絵画、音楽などの芸術にふれさせたりすることも大切です。
子どもが興味を持ったことがあれば、好奇心の芽を育て、伸ばしてあげるようにしましょう。

(2)子どもを頭ごなしに否定しない
東大生は自己評価が高いそう。その原因の一つに、親の幼少期の接し方があるようです。
東大生の親は、子どもを叱るときも、頭ごなしに叱ることをせず、叱るときにはその理由をきちんと説明していた人が多いそう。子どもは叱られる理由を説明されているため、自分の存在を否定されたという感覚がなく、自信を損なわれることがなかったようです。
子どもに自信をつけさせるためには、良いことをしたときにはよく褒めること、悪いことをしたときにはなぜそれが悪いことなのかを説明した上で叱ることが大切なんですね。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R