忍者ブログ

家庭教師のファミリー|体験談や評判・口コミなど

家庭教師のファミリーに子供を塾に通わせるか、家庭教師を頼むかなど・・・。体験談や評判・口コミを集めながらアドバイスをしていきます!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

問題集選びのポイント

こんにちは。娘が家庭教師のファミリーにお世話になっています。
参考書や問題集ついて、評判がよい家庭教師のファミリーの先生に聞いてみました。

先生はいろいろ教えてくれました。

参考書・問題集の選び方

自分で書店で内容を見て、使いやすい参考書、自分のレベルにあった問題集を選ぶというのが正攻法です。 ところが、参考書の使いやすさなんて書店で1時間や2時間見たところでわかりません。実際に何ヶ月か使ってみてはじめて使いやすいとか、いい問題が多いとか、難しすぎるとか、簡単すぎるとかの感想が出てくるものです。
そこで教科別参考書選びのポイントとお薦め参考書問題集をピックアップしてみます。

問題集選びのポイント(受験以外)

問題集は色々な種類を買ってはいけません。一冊をきっちりやり通しましょう。 そして間違えた問題はそのままにせず必ず復習することを忘れずに!

英語
・教科書によって単語などが違うので教科書準拠のもの。
・準拠でも問題文が教科書本文と全く同じではなく、アレンジされているもの。
・教科書の要点が書かれているほうが使いやすい。

数学
・見たことの無いような問題に取り組むことで応用力がつくので、教科書準拠では無いほうが良い。
・基本問題から発展問題まで幅広いレベルの問題があるもの。
・基本問題や計算問題は問題数が多いほうが良い。
・発展問題は問題数より、色々な種類の問題があるほうが良い。

理科
・教科書準拠にこだわる必要はないけれど、指導要領から外れた内容の問題もよく見かけるので普段の勉強や中間期末対策には教科書準拠のほうが安心。
・中学校のテストでも、入試でも実験についての出題はよくあるので実験についての問題がしっかり載っているかは大切なポイント。

社会
・社会は教科書による内容の違いが大きいので普段の勉強には教科書準拠の問題集のほうが良い。
・基本問題→中程度の問題→発展問題などのように同一単元を異なるレベルで何度も練習できるようになっているもの
続きます。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R