忍者ブログ

家庭教師のファミリー|体験談や評判・口コミなど

家庭教師のファミリーに子供を塾に通わせるか、家庭教師を頼むかなど・・・。体験談や評判・口コミを集めながらアドバイスをしていきます!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

エナジティックな勉強方法

こんにちは。今日も家庭教師のファミリーの先生にいろいろお話を伺いました。
ファミリーの先生は本当にエナジティック!勉強を教えるだけでなく、
いつもエクササイズをされたり、いろんな知識を蓄えられてたりするので、とても尊敬します。
そんな家庭教師のファミリーの先生に聞いた、仕事、勉強と運動の関係を私自身実践的に
取り入れたいと思いますので紹介します。

まず、エクササイズが習慣化しない理由の1つに「時間がない」があります。生活に追われて余裕がない、勉強、仕事が忙しくて時間が取れない、というのが本音です。

 なんといっても、仕事の日の晩(ふつうのサラリーマンなら平日)は時間がなかなか確保できません。職場から家に帰るまでの移動時間、夕食の時間、着替え、(ジムに行くなら)用具の支度時間、移動時間、ストレッチなど準備運動と合算していくと、2時間くらいは平気でかかってしまいます。

 それらをすべてやり終えて、ようやく目的のエクササイズができるわけです。確かに慌ただしい感はぬぐえません。「これを週に何度もやるのは、しんどいなあ……」とため息をつかれる方もいるでしょう。

 限られた時間内でエクササイズの時間を確保するには、何かを短縮するなど工夫が必要です。考えられるのは、「家に帰るまでの時間」「着替え&支度時間」、そして「食事」の3つです。

家に帰るまでの時間
 移動にかかる時間はいかんともしがたく、普通は削れる余地はないでしょう。

着替えなど支度時間
 これは思うほど時間を食いません。着替えは数分ですし、ジムの用具はかばんに放り込むだけで完了です。私はシューズ、タオル、着替えを詰めたボストンバッグを、リビングのテレビの横に常備しています。帰宅後は仕事着のまま鞄を持ってジムに向かえるので、支度時間はゼロです。

食事時間
 最も削れる余地があるのが食事でして、食べるモノとタイミングの工夫次第で大幅な時間短縮が可能です。

どのように食事の時間を短縮するか、もう少し具体的に見ていきましょう。食事に要する時間には、「摂取に要する時間」と「消化に要する時間」の2つがあります。

 摂取時間は、食べるモノを工夫することで短縮できますが、ネックなのは消化時間。いくら消化のよいモノを早食いしても、消化には一定の時間がどうしてもかかってしまいます。とはいえ、消化のためだけに家でじっと待つ時間は実にもったいないものです。


 そこで提案したいのが、「食事を帰宅前に済ませておく」こと。具体的には、栄養補助食(カロリーメイトやSOYJOY)とか、おにぎりのような、移動しながら食べられる腹持ちのよいモノを夕飯代わりにします。

 帰宅した頃には消化も終わり、すぐに動ける状態になっています。食事時間と消化時間の両方が丸々削れて一挙両得です。


このようにして、実践できると、私のメタボも少しは改善して仕事が効率よくできそうです。
家庭教師のファミリーの先生は、本当に自意識が高く目標をもって日々送ってられるので、頭が下がります。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R