忍者ブログ

家庭教師のファミリー|体験談や評判・口コミなど

家庭教師のファミリーに子供を塾に通わせるか、家庭教師を頼むかなど・・・。体験談や評判・口コミを集めながらアドバイスをしていきます!

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「攻めの勉強」と「守りの勉強」

こんにちは。娘が家庭教師のファミリーにお世話になっています。
娘はこれから受験という試練に立ち向かう時期です。
うちは家庭教師のファミリーの先生にお願いしているので同じ状況の方の参考になればと書きました。
親としては心配で心配で娘に何をしてあげればよいか考えてしまいます。
先生に相談しました。
受験に合格する子の親と落ちる子の親の違いについてアドバイスを受けました。

「攻めの勉強」と「守りの勉強」
受験に「合格する子の親」と「落ちる子の親」の最大の違いは、勉強に対してのスタンスの差に表れます。不思議なことに成績の良い子の方が、勉強時間は短いのです。

「それは頭がいいからでしょ」とあなたは思うかもしれません。
しかし、受験に限定すれば、頭の良し悪しと成績は必ずしも比例はしません。
勉強の方法次第て受験の結果は大きく変わってしまいます。

つまり、受験という性質を理解しているかどうはで受験の結果は大きく変わります。
受験は絶対評価ではなくあくまで相対評価です。
トップで合格しようが、ビリで合格しようが合格ということに関しては何一つ変わりません。

入試で重要なことは、他の子が解けない問題を解けることではありません。
他の子が解ける問題を確実に解けることが必要なのです。

いま、あなたはお子さんに多くの問題を解かせているに違いありません。
でも、その方法では成績が上がることはまずありません。なぜなら中学受験の出題範囲は広く、
いくら頑張ってもすべてをカバーするのは不可能だからです。

成績の良い子の親はそんなことはしていません。
必要最低限の知識だけをお子さんに学ばせています。

合格するために必要なことの中から、お子さんに欠けている部分つまり弱点をしっかりと把握しそこを重点的に学習させているから、勉強にあまり時間をかける必要がないのです。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R